目の前の1点を取ろう!

山口茜選手がとても気になります!!

「最後の年だから自分を育ててくれた勝山市と高校に恩返しをしたかった」
と五輪出場で有利になる世界選手権出場を辞退してインターハイに出場。
と、もう恩返しを考えてしまえる18歳。

そんなエピソードに、既に泣けてきそうですが、そこで3連覇を達成!!

YONEX OPEN JAPAN 2015の準決勝では、
「ずっと劣勢で勝てる気はしなかった」
という元世界ランク1位の王に
「目の前の1点を取ろう!」と諦めず、
決勝に進み、奥原希望との日本人対決に持ち込みましたね。

決勝では、奥原に敗れてしまいましたが、
「勝ってみると嬉しいというよりも、これからもっと頑張っていかなければいけないという気持ちになりました」
という奥原のコメントにもバドミントンの未来を感じられ、
嬉しい気持になりました。
良いライバルなのでしょうね〜

日々コツコツと
目の前の1点を取って進んでいくことは、
何事においても大事なことなのかな
と18歳の言葉にハッとさせられました。

 


カテゴリー: 熱血!! 店長日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。